戦乱の世

かつてこの地は繰り返す戦乱の舞台として血塗られた歴史を歩んでいました。
殺戮・奪略…土地は荒れ果て、人の心はすさんでいきました。
ところが、ある時を境に戦火は影を潜めます。
敵対する双方の国の、3000を越えるともいわれる軍隊の兵士が1人残らず忽然と姿を消したのです。


もしこの記事を読んで気に入っていただけましたら、共有・コメント投稿していただけますと非常に嬉しいです。